top of page
検索

【本と香りの往復書簡】ともだちは海のにおい

岡の「親子きずなサロン~月とアロマと~」さんとの共同制作。


一冊の本と、そこから生まれた香り、そして言葉を

連詩のように繋いでいきます。


二通目はひつじやの番。

こちらのお手紙へのお返事です。



けれどお返事をご紹介する前に、

月とアロマとさんからのお手紙を受け取ったときの、

ひつじやの驚きをぜひ追体験してみていただきたいのです。



お手紙をひらくと…



月とアロマとさんが貼ってくださった切手(奥)と、

うちにあった本(手前)。




月とアロマとさんの便せん(右)と、

うちにあった本(左)。




そして!!



月とアロマとさんが贈ってくださった本(左)と、

うちにあった本(右)……!



🤔🤔🤔❓❓❓


……双子かな??



びっくりやらうれしいやら、

繋がった空から地上のあちらとこちらに降りた

雪の「ふたひら」が、

香りのなかで再会したような気がしました。



そしてひつじやが手に取ったのは「ふたりが、であった」で始まるこの一冊。



実はこの本を選んだあとにも、

やっぱり別のにしようかしらとたくさんたくさん迷いました。


月とアロマとさんのお手紙には、

たくさんの想いが詰まっていて、

こんな素敵な香りのおたよりに、

わたしも自分のせいいっぱいで応えたかったのです。


そうだ、うちにも矢川澄子さん訳の本があったなあ/

いやいや、彼女の愛した澁澤さんのご本がいいかも/

待てよ、海ではなく大地が舞台のお話はどうだろう/

雪のひとひらが出会ったような「赤い手袋の女の子」のお話もあったはず/

・・・



けれどもやっぱり最後には、

封筒を開いた瞬間の出会いのうれしさと


そして雪のひとひらが長い長い旅の末にたどり着いた

海からお返事したいという想いで


この本に還ってきていました。




それでは、連詩のページをめくってみましょう。









コメント


bottom of page